« 年末年始 | トップページ | 悲惨な事故 »

2016年1月12日 (火)

いつの間にやら

明けましておめでとうございます。
って、もう12日なんですけど・・。
年末以来何していたんでしょうかね、ずいぶんブログが飛んでしまいました。
FaceBookの方にはいくらか書き込んでいましたが、それもごく少量です。
そろそろブログ疲れ、SNS疲れが出てきたってことでしょうか。
まあ、当たらずとも遠からずってところはあるかも知れませんが、それなりに大変な日が多かったのであります。
先ず年末年始ですが、風邪がひどくなってほとんど寝込んでおりました。
折角の長期休暇ですからあれもしたいこれもしたい、あれもせねばこれもせねばと考えてはいたのですが、どうにもこうにも風邪がひどくて何もできない状態でした。
しんどいったらありゃしない。
こんなにひどく風邪を引いたのはずいぶん久しぶりのような気がします。
年末26日に大阪へ出た時から風がひどくなりましたので、空気のきれいなところに住んでいる生き物が都会の雑踏の空気にやられちまったってところでしょうか。
歳のせいで免疫力が低下しているってことも考えられますな・・。
で、年末に兄貴の依頼でドローンを飛ばしはしたものの、その後もまた風邪がひどくなり、何もできないまま年越しを迎えました。
お正月も全く調子は戻らず、むしろひどくなったくらいで、ぐずぐずと過ごすのみでしたが、
3日には何とか動けるようになり、娘たちと食事に出たりもしました。
で、休暇も終わり仕事始めとなったのですが、4日の夜は部下の壮行会でした。
出来がいいので3月までのしばらくの間、自治大へ研修に出るのです。
コーシツチョー、ブチオ、カチオ、ボク、カレの5人での宴でした。
僕は飲まないので終了後は皆を送り届け、それから帰宅でした。
おいしいお肉を頂き、ちょっと元気の元にはなったでしょうか。
と、期待しましたがやはりまた体調は悪化。
薬でごまかしつつの勤務が続きました。
で、いきなり月曜からの長い平日が続き、ようやく迎えた3連休。
おうちの御用もせねばなりませんが、娘の用事も有って3連休はほぼつぶれました。
喜ばしいのは昨日の成人の日。
下の娘が成人式でした。
すでに写真は先撮りしているので、式に出てから親戚を回り、その後は遊んで帰ってくるだけですので父は蚊帳の外でした。
その代わりに上の娘の御用に追われておりました。
これで二人とも成人となりましたので、子を育てると言う親の仕事としては一つの節目を迎えたことになります。
とは言え、まだ二人とも学生ですのでまだまだ子供と変わらぬ状況です。
少しづつ親離れ子離れを進めてきたつもりではありますが、これでお終いと言うのも寂しいので、もう少し親の振りをさせてもらいたいと思っています。
振り返ればあっという間の20年。
子どもたちには長かった時間も、親から見れば短い時間に感じます。
自分の親もそうだったのかなと、自分が二十歳を迎えた頃の親の心を想像したりもしてみました。
僕は3人兄弟で、おおむね兄貴は両親が24歳の時の、姉は27歳の時の、僕は29歳の時の子となります。
僕は今55歳ですが、末っ子の僕が成人式を迎えた時の両親は49歳だったことになりますので、親父もお袋もずいぶん若かったのだなと振り返ります。
その頃の自分の親はずいぶん大人だったように思いますが、今の僕はどうでしょう。
さすがに年相応に老けては来たものの、心はあまり成長しないまま今に至ったようなところがあります。
こんな歳になっても、悩むことやつまづくことが有れば、「親父ならどうしただろうか」と思うことがあります。
それだけ頼りになる、強い両親でした。
僕はいまだに弱弱しく、頼りないままです。
そんな父の子ですから、娘たちもまだまだ大人とは言い難い未熟さを残しています。
とりあえず、僕は生きてこの年を迎えることができたことを喜んではいます。
20代後半に身体を壊し、身体に大改造を加えてしまった折には「いったい俺はいくつまで生きられるのだろうか」と先行きを儚なんだものですが、二人の子の成長を見つつ今まで生きてくることができたことは、素直に嬉しいことなのです。
再度大病を患えば、もう持たない身体のようにも思われますが、今しばらくは生を楽しみたいと思います。
新たな年を迎える時にはいつも、そんな事を考えてみたりするのでした。
またこの一年、頑張らねばなりますまい。
皆々様、よろしくご指導ご鞭撻くださいますよう、お願い申し上げます。

|

« 年末年始 | トップページ | 悲惨な事故 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/516815/63056024

この記事へのトラックバック一覧です: いつの間にやら:

« 年末年始 | トップページ | 悲惨な事故 »