« 皆既月食間近 | トップページ | 残念でした »

2010年12月19日 (日)

親心

今日はお昼に大高人さんが来られ、一緒にお昼を食べました。
その後大高人さんはナカドンを訪ねるというので僕は家のオシゴト。
オシゴト中にナカドンを見かけたので、しばらくしてからお店によりました。
大高人さんはもう帰られたとの事でした。
でも、ご夫妻でなにやらソワソワしておりました。
聞くと「娘が車で帰るねん・・」と打ち明けられました。
娘さん、ちょっと遠方に就職されているのですが、車に乗るようになって、最近とうとう車を買っちゃったのです。
でもナカドンは心配性なので購入した車を高野山に置いておき、週末に娘さんが帰宅したときにだけ乗らせていたのでした。
横に乗って何度も練習にも付き合っていたようです。
ところが、本日とうとう娘さんが車に乗って、そのまま就職先の町まで帰ってしまうとのことで、帰りの道中が心配で仕方が無いのだそうです。
笑っちゃいけませんが、その親心がほほえましくて笑っちゃいました。
「かわいい子には旅をさせろ」と言いますが、女の子の親としては、娘はできるだけ世の中の危険から遠ざけて大事に保護しておきたいものです。
世の中物騒ですし、車の運転も慣れるまではずいぶん危険が伴います。
自分自身が若かった頃を振り返ると、僕は3人兄弟の末っ子(兄・姉・僕)のせいもあって、比較的ほったらかしでした。
頭も良くないので「勉強しろ」ともあまりしつこくは言われず、家業を継いで商売人になるという前提で「読み書きソロバン」ができればいいと適当に扱われていました。
車に乗る年頃になっても、夜中にどこへ行こうが誰と遊んでいようが、全く無関心。
しょせん小者なので「大したことはしないだろう」と思っていたのでしょう。
車の免許を取った18歳のとき、ナカドンとツーヤンと3人で、初心者マークを貼って信州に出かけましたな。
覚えたての車の運転が楽しくて仕方ない頃でしたから、3人なのに2台の車で出かけました。
大きな台風の直後でした。
美ヶ原や上高地を観光し、白骨温泉で一泊後乗鞍を超えようとして超えられず、平湯温泉へ行く安房峠も土砂崩れで越えられず、結局野麦峠を越えて高山を経由するずいぶんな遠回りをしました。
平湯温泉では山好きの親父が付き合いのあった「与平小屋」と言う老夫婦が経営する民家のような民宿に泊まりました。
楽しかったなぁ・・。
男の子と言うのはだいたいこんな感じで自由に青春を謳歌できるのですが、女の子の場合はか細い花のように大切に扱われます。
「そんなことしちゃだめ」
「早く帰ってきなさい」
「誰と遊んでんだ!」
とか、いろいろ親に干渉されます。
娘二人がいる自分自身にもそういう節が若干あるので、数年後には同じようにソワソワする羽目になるのかも知れませんな。
なにしろ男親は男どもの悪さを知ってますからね。
世の中の男全部が悪いわけじゃありませんが、女の子より自由気ままに育った分、男はおおむね身勝手なもんです。
品行方正な方や、社会的立場のある方でも悪さをすることは良くありますし。
上半身の一番天辺に脳みそがありますので、人格なんていう崇高な神経作用はあまり下半身にまでは行き届かないことも多いようです。
車社会でも自分勝手な運転は多いものです。
この場合はむしろ女性ドライバーの方が自分勝手でしょうか?
道を覚えるのもどちらかと言えば女性は苦手なようです。
男の子は早いうちから車の限界にチャレンジしたりしますが、女の子はそんな危険なことしませんから運転もなかなか上達しにくいものです。
おとうさんの心配は尽きませんな。
その辺の電信柱に擦るくらいならいいのですが、うっかり対向車と接触、その運転手が恐い人・・なんてことになるともう大変・・。
我が子に置き換えて考えてもぞっとしますな。
かと言って、ずっと付いて回るわけにも参りません。
世の中物騒ですから、どこで何をしていても心配なんですけどね。
親離れ、子離れと言うのはなかなか難しいところですな。
自転車に乗り始めたばかりの頃、補助輪を取った日に「離さないで」と言う子供に黙って、そっと手を離して揺れる自転車と一緒に走ったことを思い出します。
でも、子供はあっという間に一人で走れるようになりました。
成長を願いつつも、子供のままでいてほしいような、切ない親心。
「馬鹿を見たけりゃ親を見ろ」と言いますが、こんな親心が数え切れないほど繰り返されて今の自分達の世代にまでつながってきていることを考えると、親心はやはり大切なものなのでしょう。

|

« 皆既月食間近 | トップページ | 残念でした »

コメント

いやはや、子離れせんアホな親ぶりを見られてしまいました
夕方、無事に着いたと連絡がありホッとしました。。。
週末にいろんな所へドライブに行くのを楽しみにしているようです。
もう、いい加減な歳なんだから心配のし過ぎなんでしょうけど、日々のへんてこりんな事件のニュースを見るにつけ、やっぱり心配になってきますね・・・あぁ、、、怖い怖い

投稿: なかどん | 2010年12月19日 (日) 23時58分

すっかりいいお嬢さんになってますね。
そりゃ心配でしょうよ。
不景気もあってか、世の中嫌な事件が多くなりましたし。
危険から遠ざけたいと思うのは当然ですよ。

投稿: やんと | 2010年12月20日 (月) 00時10分

´ω`)ノドモ
昨日はお山も暖かく、夏タイヤで登って行きやしたが、これでしばらく行けまへんな・・・
ナカドン宅で少しいましたが、なんとなく落ち着かず、ソワソワ感が有ったのは、お嬢さんの件でしたか・・・
どんな親も同じですな・・・

俺っ家なんか、ワンコが後ろ足を引きずっただけで、そりゃもう大騒ぎ・・・
親馬鹿って言うより犬バカですかね。

投稿: 大高人 | 2010年12月20日 (月) 13時01分

その犬はきっと尻にウンコはさんでます。
えんがちょー
……(ノ゚Д゚)ノ

投稿: やんと | 2010年12月20日 (月) 21時26分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 親心:

« 皆既月食間近 | トップページ | 残念でした »